経営者が知っておくべきポイント!失敗しない店舗デザインの選び方


お店のコンセプトを明確にする

内装を始めとした店舗デザインは、利用する人に自身の考えるお店のコンセプトを間接的に伝えるための重要な物と位置付けられます。そのため、デザインをする前の段階でコンセプトを明確にしておくことが大切です。ここで言うコンセプトとは、建物の外観を含むお店の形態やメニューなどが挙げられます。それと同時に訪れた人が心地良いと感じられるように客層についても把握しておかなくてはいけません。

施行を担当する内装業者の選び方

コンセプトの明確化とデザインの方向性が決まったら次に行うのが内装業者探しです。通常こういった業者探しはインターネットでの情報収集や知人からの紹介を利用するケースが多いとされています。とはいえ、いくらプロの内装業者と言えども得て不得手があるのが実情です。例え信頼できる人からの紹介であっても自身のイメージする内装の施行を得意としていなければ作業に滞ってしまうことも考えられます。そのため、業者探しをする時は複数の会社から相見積もりを取ることが大切です。

デザインで失敗しないためのポイント

店舗デザインで失敗しやすいポイントの一つにレイアウトのミスが挙げられます。せっかくイメージ通りの内装を作り上げてもレイアウトで失敗をしてしまっては意味がありません。そこで失敗しないためにまず最初に行うのがレジの配置決めです。これは業種に限らず商売をする場合の全てに共通することで、お店のレジの配置がスムーズなお客やスタッフの流動に影響を与えると言っても過言ではありません。レジは出入り口付近に設置するのは基本となりますが、混雑するケースも考慮して余裕を持って作ることが重要です。

店舗の内装デザインは、販売する商品のイメージに合わせて決めます。商品の売り上げや店の人気にも繋がるので大切です。