失敗しないために!賃貸オフィス選びのポイント


最適な立地選びのポイント

各オフィス街には特定の業種が集まるエリアがあります。自社との関わりが深い業種が集まるエリアにオフィスを構えれば、そのエリア内でネットワークが生まれたり、新たな顧客開拓につながったりする可能性があります。そのため、そのエリアではどんな業種のオフィスが多いのかを事前に確認しておくといいでしょう。

また、周辺環境も大事なポイントです。来客が多い業種であれば、利便性を考慮して駅から近いオフィスが必要になるでしょうし、来客が少なく作業に集中力を要する業種であれば、駅からは遠くてもコストが低い閑静なエリアという選択肢もあります。

ちなみに、駅から徒歩何分という表記では1分=80mとして計算されていて、信号や坂道、踏切などは考慮されていません。そのため、賃貸オフィスを選ぶ際には実際に歩いて確かめることが重要です。

オフィスの広さと設備を考える

オフィスを選ぶ際には、人数などに応じた必要な広さを事前に把握しておくことが肝要です。まだ何も置かれていないオフィスでは広く感じても、机や機器を置くことで思ったよりも狭くなってしまうこともあるので注意しましょう。

オフィスの設備では、あらかじめ譲れない点と妥協できる点を決めておくとオフィス選びがスムーズにいきます。たとえば機器を多く使用する場合には、十分な電気容量があることが重要でしょう。電気容量が足りなくて増設工事が必要になると、余分な費用もかかってしまうので事前の確認も必要です。

そのほか、機器や什器を上階に運ぶ際にも必要になるエレベーターや、オフィスで快適に過ごすための空調や水回りなど、大切なポイントは事前に絞り込んでおきましょう。

都内に会社を構えるなら、賃貸オフィス 中央区が有利です。ステイタスとしては最高の場所と言えるでしょう。